応用生命科学・微生物バイオテクノロジー【220006】 第1回

テーマ

ゲノム生物学からシステム生物学へ (森)Introduction to Systems and Synthetic biology

内容

1980年代に議論が始まり、1990年台に急速に進展したゲノム研究以降、生物学は急速に変化している。数学理論、情報処理技術、工学的アプローチ、 等々、学問分野を越えた考え方、手法などが要求される。ゲノム研究からシステム生物学への流れを解説し、今後の生物学の方向性を考える。 The concept of Genome Biology has been discussed during 1980s and once started in 1990, the next decade to clear the human genome has led revolution changes in biology. Biology has now become more and more interdisciplinary science and it requires integrative way of thinkings and skills. The history from genome biology to systems and synthetic biologies will be explained, and finally we will discuss about the direction of biology in the future.

時間割

回数 日付 限目 時間割内容 担当
1回目 5月17日 1限目 応用生命科学・微生物バイオテクノロジー1【220006】

配布資料

表示可能なデータがありません。