応用生命科学・微生物バイオテクノロジー【220006】 第7回

テーマ

膜の重要性(塚崎)Importance of biological membranes(Tsukazaki, T., PhD., NAIST)

内容

生体膜は,細胞内小器官や細胞の内外を隔てている。生体膜ではエネルギー生産や様々な物質の輸送が常に起こっている。このような反応には多くの膜タンパク質が関わっているが,それら膜タンパク質がどのように相互作用し,機能を果たしているのかの詳細については未だ不明な点が多い。その解明にむけ,様々な研究手法が用いられている。本講義では膜を隔てた物質輸送の解析方法をいくつかピックアップして紹介する。 Biological membranes work as a boundary between the inside and outside of organelles or cells. At the membrane, there are a lot of different events, including energy production and molecule transport. Although a number of membrane proteins are related to these reactions, it is mostly unclear the detail of interactions between membrane proteins and other molecules, and of their functions. To understand these processes, many research technics have been developed. Here, I would like to present some recent analyses for transporters across the membrane.

時間割

回数 日付 限目 時間割内容 担当
1回目 7月12日 1限目 応用生命科学・微生物バイオテクノロジー7【220006】

配布資料

表示可能なデータがありません。