応用生命科学・バイオメディカルサイエンス【220008】 第6回

テーマ

幹細胞の制御と分化(栗崎)

内容

ES細胞やiPS細胞などの多能性幹細胞は、体中の組織細胞に分化する能力を有する幹細胞であり、再生医療への応用や病気の原因究明等の目的で幹細胞の分化方法が検討されている。この講義では、多能性幹細胞の作製、分化方法やその応用について概説する。 Pluripotent stem cells, such as embryonic stem cells and iPS cells are unique stem cells that can differentiate all the tissue cells in the body. Therefore, various differentiation methodologies using these stem cells are currently under investigation to apply them for regenerative medicine and understanding of disease mechanisms. This lecture introduces preparation, differentiation, and application of these pluripotent stem cells.

時間割

回数 日付 限目 時間割内容 担当
1回目 6月28日 1限目 応用生命科学・バイオメディカルサイエンス6【220008】 栗崎

配布資料

表示可能なデータがありません。