応用生命科学・バイオメディカルサイエンス【220008】 第5回

テーマ

獲得免疫と遺伝子編集(新藏)

内容

私たちの細胞が保持する遺伝子は数も種類も決まっている。からだを構成するすべての細胞は同じ遺伝子を持っているが、それぞれの遺伝子は各細胞で異なる調節により発現するために各細胞の機能が異なる、というのは分子生物学の基本である。しかし、私たちの体細胞の中には、遺伝子に変異を入れたり遺伝子の組換えを起こす細胞が存在する。世代を経ることなく、新しい遺伝子とその産物を作るための合目的的遺伝子組換えであり、外的から身を守る免疫系、特に獲得免疫系の細胞(リンパ球)で起こる。リンパ球で起こる遺伝子編集について概説する。

時間割

回数 日付 限目 時間割内容 担当
1回目 6月14日 1限目 応用生命科学・バイオメディカルサイエンス5【220008】 新蔵

配布資料

表示可能なデータがありません。