応用生命科学・バイオメディカルサイエンス【220008】 第9回

テーマ

発生工学と動物モデル (磯谷)
Developmental engineering and animal models

内容

 遺伝子改変動物などの動物モデルは、発生工学技術を用いて作られる。このような動物モデルは、遺伝子機能の解析やヒト疾患の研究には欠かせなくなっている。本講義では、発生工学技術について解説し、最新の動物モデルについて紹介したい。

 Animal models such as gene-manipulated animals are generated by the technology of developmental engineering. These animal models have become indispensable for the analysis of gene functions and the study of human diseases. In this lecture, we would like to explain about the technology of developmental engineering and to introduce the current animal models.

時間割

回数 日付 限目 時間割内容 担当
1回目 7月19日 2限目 応用生命科学・バイオメディカルサイエンス9【220008】 磯谷

配布資料

表示可能なデータがありません。