ゲノム先端科学【210008】 Advanced Genome Science and Technology【210008】

講義科目基本情報

科目区分 一般 単位数 1
選択・必修 必修 授業形態 講義
開講時期 秋学期 講義室 大講義室

科目の概要

担当教員筆頭者名 別所 康全
担当教員 加藤 和人[大阪大学]・伏木信次[京都府立医科大学]森 浩禎・久保 稔・稲田 のりこ・新名 惇彦・横田 明穂
教育目的/授業目標 現代社会では人々の暮らしのあらゆる場面が科学技術と深いつながりを持っている。しかし現代社会は解決すべきさまざまな問題を抱えており、科学技術はこれを解決することが期待されている。本科目では社会が持つさまざまな問題を理解し、ゲノムサイエンスを中心とする先端科学技術についてまなび、それがどのように社会問題を解決するかを考え、社会の中での先端科学技術の位置づけをおこなうことを目的とする。
In the modern world, the lives of people deeply depend on science and technology, which is expected to resolve various problems. The aims of this course are
- to understand the social problems that the modern world has,
- to learn the cutting edge technologies,
- to discuss how the scientific technologies resolve the problems,
- to understand the science and technology in the modern world.
指導方針 ゲノムサイエンスを中心とする先端科学技術の歴史と現状を理解させ、科学の発展によって新たに生じた問題を学習させる。バイオサイエンスが現代社会の中で担う役割を考えさせ、その科学的側面を含めて理解させる。
The course deals with the history and current situation of science and technology represented by genome science, and introduces various problems that was caused by development of science and technology. This course also enhances the roles of bioscience in the modern world.

授業計画

備考 回数 テーマ 内容
1回 バイオサイエンスの最新技術1
 - ゲノムサイエンス
Current technologies in Bioscience 1
 - Genome Science
(森 浩禎)ゲノムサイエンスの歴史と現状を学ぶ
(Hirotada Mori) This class introduces the history of Genome Science and current states
2回 遺伝子の出自によって引き起こされたRuBisCOの不運
RuBisCO's bad luck caused by the origin of the gene
(横田 明穂)我々は最近、ラン藻よりもかなり以前にメタン生成古細菌においてすでにRuBisCOと原始カルビン回路が機能していたことを見出した(Nat Commun 8:14007 (2017))。今年の講義では、このようなRuBisCOの出自が現在地球上でほぼ全てのCO2を固定しているRuBisCOに多大な不都合を負わせている現実を解説する。
(Akiho Yokota) We recently found that RuBisCO and the primitive Calvin cycle were already functioning in the methanogenic archaea much before cyanobacteria(Nat Commun 8:14007 (2017)). I will explain the reality that this evolutionary history of the RuBisCO gene puts a great inconvenience on RuBisCO which currently fixes almost all CO2 on the earth.
3回 ゲノム科学と社会
Genome Science in the Modern Society
(加藤和人)ゲノム科学の発展により、これまでには想定できなかった社会問題が発生している。それらについて深く考え、専門家として以下にそれらに向き合うかを議論する。
(Kazuto Kato) Development of genome science is producing various problems in the current society. This class introduces these social problems. And we discuss how we should deal with tnem.
4回 バイオセキュリティ
Biosecurity
(加藤和人)近年のゲノム科学の発展等の技術革新により、多くの有益な情報が得られるようになった。その反面、先端科学の成果が、研究者の意図しない形で悪用される恐れが現実的になりつつある。その可能性がある問題を具体的に紹介し、研究者がどのように行動すべきなのかについて考える。
(Kazuto Kato) Owing to the development of genome science, we are able to obtain various useful information in the current world. On the other hand, these informations could be abused in a nuexpected manner. This class introduces specific examples of abuse of the scientific results and discuss how a scienctist should behave.
5回 バイオサイエンスの最新技術2
 - 顕微鏡とライブイメージング
Current technologies in Bioscience 2
 - Microscopy and Live Imaging
(稲田のりこ)最新のライブイメージング技術を学ぶ。
(Noriko Inada)This class introduces current technologies in microscopy and live-imaging.
6回 バイオサイエンスの最新技術3
 - DNAシークエンス技術
Current technologies in Bioscience 3
 - DNA Sequencing
(久保稔)近年広く利用されている次世代シーケンシング(NGS)の仕組みやそれを用いた解析例について紹介する。また、NGSについての最新の情報や今後の展開についても述べる。
(Minoru Kubo) This class introduces next generation sequencing (NGS). The focus of the lecture will be on not only basis and application of NGS but also the recent trend of NGS.
7回 地球温暖化防止の切り札:植物バイオ
Plant biotechnology saves the global warming
(新名 惇彦)化石資源に依存した文明がもたらした地球温暖化は近年、わが国でも深刻な異常気象に直面している。この窮地を救うのは太陽エネルギーを利用してCO2を有機物に変換する植物の光合成能力の活用しかない。2050年に予想される難問にバイオサイエンスは何ができるか、を科学的データを交えて話す。また、近年叫ばれている東京一極集中からの脱却と地方創生への講師自身の取り組みも紹介する。
(Atsuhiko Shinmyo)Present civilization depend on fossil resources has caused global warming, and we face serious abnormal climate. Solution of the awkward position is application of photosynthetic activity of plants which convert CO2 to organic materials using solar energy. 
8回 医学研究の倫理1
Ethics in Medical Research
(伏木信次)人を対象とした医学研究、動物を対象とした医学研究、臨床研究における利益相反、遺伝子診断、遺伝子操作、遺伝子治療、ES細胞、iPS細胞、成体幹細胞、クローニング
9回 医学研究の倫理2
Ethics in Medical Research 2
(伏木信次)

テキスト・参考書

テキスト
参考書

その他

履修条件 2/3以上の回の出席を条件とする。
Students are required to attend a minimum of 2/3 of classes.
オフィスアワー
成績評価の方法と基準 毎回のミニテストと、期末のレポートで評価する。
The grade is decided based on mini-examination in each class, and a term-end report.
関連科目 社会生命科学
Social Life Science.
注意事項 日本語で行われます。
This will be taught in Japanese.