発生生物学特別講義【230001】 Advanced Lecture in Developmental Biology【230001】

講義科目基本情報

科目区分 専門 単位数 1
選択・必修 選択 授業形態 講義
開講時期 8月2日、3日 講義室 神戸理研CDB内

科目の概要

担当教員筆頭者名 別所 康全
担当教員 神戸理研CDBの研究者、他
教育目的/授業目標 組織や器官の仕組みを解明し、疾病メカニズムの理解や、再生医療を始めとする次世代医療の推進につなげることを目的に設立された理化学研究所多細胞システム形成研究センター(以下CDBと呼ぶ)において、「理研-連携大学院 発生・再生科学 集中レクチャープログラム 2017」 に参加し、発生生物学の基礎から再生医療までの最先端のトピックスを、二日間にわたり習得する。CDBの研究者の講義に加え、最新の解析技術の見学やモデル動物などの観察を行なう。
Riken Center for Developmental Biology (CDB) was established to reveal the mechanism of development and regeneration by molecular and cellular approaches. CDB provide an intensive lecture program for the affiliated graduate schools, which deals with a wide range of current topics from basis to regenerative medicine for two days. The aim of this course is to obtain knowledge in developmental biology through the intensive lecture program. This program includes lectures by PIs CDB and laboratory tours
指導方針 発生生物学の基礎から再生医療への応用の可能性まで、幅広い視点に立った理解をめざす。また生物の多様性と進化についても、個体発生を中心に理解する。京大、阪大、神戸大、関学などの受講生と交流を深めつつ、生命科学について自由にディスカッションする
Students obtain extensive knowledge and broad vision of developmental biology and its application to regenerative medicine. Students also understand the diversity and evolution of living organisms though ontogenesis. Graduate students in Kyoto University, Osaka University, Kobe University, and Kansei Gakuin University participate this program. Students should interact them.

授業計画

備考 回数 テーマ 内容
1回 発生生物学特別講義1
Advanced Lecture in Developmental Biology 1
発生生物学における最先端研究の紹介。
This class introduces the current topics in developmental biology.
2回 発生生物学特別講義2
Advanced Lecture in Developmental Biology 2
発生生物学における最先端研究の紹介。
This class introduces the current topics in developmental biology.

テキスト・参考書

テキスト
参考書

その他

履修条件 事前申し込みが必要。ホームページから申し込むこと。ホームページのアドレス下記の通り。
http://www.cdb.riken.jp/renkei/2017/
To attend the lecture, students need signning up for the web page of Riken CDB。
http://www.cdb.riken.jp/renkei/2017/
オフィスアワー 設けない
Not available.
成績評価の方法と基準 レポート(60%)と授業への参加度(40%)による。レポートは、講義の内容に基づいて書かれたものを本学の講義責任者あて提出し、本学の教員が採点する。詳細は後日受講者に連絡する。
The grade will be decided based on following:
- term-end report: 60%
- attitude in class: 40%
The report will be submitted to the teacher in charge. The detail is to be announced.
関連科目
注意事項 日本語で行われます。
This will be taught in Japanese.