バイオインダストリー特論【230002】 Bio-industrial Technology【230002】

講義科目基本情報

科目区分 専門 単位数 1
選択・必修 選択 授業形態 講義
開講時期 9月7日~11月2日 講義室 大講義室

科目の概要

担当教員筆頭者名 高木 博史
担当教員 山口 京二(第一三共)、佐藤孝明(島津製作所)、村上 敬(本学客員教授)、新城 雅子(本学客員教授)、芦刈 俊彦(本学客員教授)、北川 雄司(本学特任教授)、高橋修一郎(リバネス)、野中源(味の素)
教育目的/授業目標 この講義では、実際に企業における研究開発に深い経験を持つ講師による講義を通じて、1)企業の研究者・技術者に要求される倫理と社会的責任、2)バイオ関連企業における研究開発の現状と大学における研究との特性の違い、3)企業に就職し、活躍するために要求される能力や資質、について理解を深める。
指導方針 企業人による講義では、企業における研究開発や企業で要求される能力・資質などに関して、十分な質疑応答の時間を設けて理解を深める。技術者倫理の講義では、関連テーマを与え、学生に考えを述べさせながら議論を行う。本学特任・客員教授による講義では、それまでの講義内容を踏まえた上で、一部ワー クショップ形式で課題発見・提案型の授業も試みる予定である。

授業計画

備考 回数 テーマ 内容
1回 質量分析装置の最先端創薬・診断への応用(佐藤)
Application of mass spectrometer to the advanced innovative drug development, diagnosis (by Sato)
質量分析装置の原理を説明するとともに、Mass Spectrometry Imaging解析法を用いた生体試料の分子イメージング、免疫ビーズMS法を用いた診断システムの構築、次世代質量分析システム開発と創薬・診断への応用の紹介を行いたい。
This class introduces molecular imaging of the living sample using the Mass Spectrometry Imaging, development of the diagnosis system using the immune beads MS method and application of next-generation mass spectrometry system to drug discovery and diagnosis.
2回 『研究者の「熱」で新しいビジネスを生みつづけるしくみ』(高橋) How to create a new business by "Researchers Passion"(by Takahashi)
社員の博士号と修士号取得者のみで形成される研究者集団リバネス。 変化の激しい時代に突入したからこそ、研究者にしかできないビジネスがあります。研究的思考を活かして様々なプロジェクトを生み、持続可能なビジネスを回すリバネスのしくみを紹介します。  Leave a nest Co., Ltd. is a leading science communication company consisted only by a Ph.D. holders and master degree holders. Because we are now in a world which change rapidly, a novel way of business driven by Researchers is required. Here we will introduce an innovation system using “researches mind” which Leave a nest produced.
3回 企業における研究・開発に重要な資質3  - 理系修士・博士の企業での役割とキャリアデベロップメント(新城)
The qualities that are important for the research and development in the company - 3 A role and carrier development in the company for master and doctor course students (by Shinjyo)
変革の社会状況の下、働く意味について考え、企業での研究・技術開発の進め方、理系人材に求められる能力・知識・技術、人材育成の仕組みを紹介する。また、グローバル人材要件や非研究職種を紹介し、広い視野での職業観の醸成を促す。後半のワークショップでは「グローバルな社会で活躍できる人材になるには」に取り組む。
This class introduces the meaning to work under the social situation of the change, the ability, knowledge and technology required for science-field students, and the structure of the personnel training. Also, nurturing of the work value is encouraged. In the workshop, students think about “how to become the person who can contribute to the global society”.
4回 企業における研究・開発に重要な資質2- 理系修士・博士の企業での役割とキャリアデベロップメント(村上)
The qualities that are important for the research and development in the company - 2 A role and carrier development in the company for master and doctor course students (by Murakami)
化学系企業の現状を説明し、理科系の人材(特に大学院修士・博士)に求める知識・能力・資質等について理解をさせる。
This class overviews the present situation of the chemical company and introduces knowledge, ability and quality that are required for a master and doctor course students.
5回 製薬企業における創薬・薬理研究と求める人材(山口)
New drug development and pharmacological research in the pharmaceutical company and personnel that are demanded by the company (by Yamaguchi)
製薬企業の役割・社会的責任および製薬業界の現状での傾向について概説した後、創薬の流れと書くステージでどのような技術が活用されているかについて説明する。また、製薬企業が求めている技術や人材についても紹介する。
This class overviews the role and social responsibility of the pharmaceutical company and the current status of the pharmaceutical industry. Also, a flow of the innovative drug development and what kind of technology is utilized at each stage are introduced.
6回 食品・発酵産業での研究開発・製造現場の現状 (野中)Current scene of R&D and manufacturing in the food and fermentation industry(by Nonaka) 食品・発酵産業における研究開発・製造現場を概説し、各プロセスで開発、応用されている技術を紹介する。また企業が求めている人材についても紹介する。 This class overviews R&D and manufacturing scene of food and fermentation industry through introduction of core technologies in this field. It also covers topics on human resource needs in this industry.
7回 企業における研究・開発に重要な資質1- 理系修士・博士の企業での役割とキャリアデベロップメント(芦刈)
he qualities that are important for the research and development in the company - 1 A role and career development in the company for master and doctor course students ( by Ashikari)
企業での研究開発活動の歴史を概説するとともに、食品、製薬、化学といった業種の違いによる研究開発の位置づけについて理解を図る。さらに、企業における技術経営の基礎と構造を明らかにし、企業での自らの活躍の場について考えるきっかけを提供したい。
This class overviews the history of the R&D activity in the company and explains the positioning of R&D by the difference in category of industry, such as food, pharmaceutical and chemistry. Also, the basic knowledge of technology management in the company and an opportunity to think about own working place in the company are provided.
8回 バイオインダストリー特論・特論演習ガイダンス(北川)
Guidance of "Bio-industrial Technology" and "Practice in Bio-industrial Technology" (by Kitagawa)
バイオインダストリー特論の意義・目的を周知させる。特に企業で働くことの意 味を考える。 また、次に続く特論演習(企業体験学習)のガイダンスを行い、実際の企業訪問 の重要性を説明する。
This class disseminates a significance and purpose, particularly the meaning to work in the company, of “Bio-industrial Technology”. Also, guidance of subsequent “Practice in Bio-industrial Technology” and the importance of the company visit are introduced.

テキスト・参考書

テキスト 特になし。
None
参考書 特になし。
None

その他

履修条件 特になし。
None
オフィスアワー 特に設けないが、一部の担当教員(北川)については、キャリア相談を利用(ただし、事前に予約すること)。
None
成績評価の方法と基準 2/3以上の講義に出席した上で、レポート内容や受講態度などにより総合的に評価する。
For grades, attendance of more than two-thirds will be required. Evaluation will be based on the report contents and an attendance attitude to the lecture.
関連科目 バイオインダストリー特論演習、社会生命科学・科学コミュニケーション、科学技術論・科学技術者論、知的財産特論
注意事項 外部講師の都合により講義の日時の変更があり得る。掲示とメールなどで通知する。この講義は日本語で行われる。
Due to the circumstances of lecturers, the schedule is subject to change. These lectures will be performed in Japanese.