科学コミュニケーション【000203】 Science Communication【000203】

講義科目基本情報

科目区分 共通 単位数 1
選択・必修 選択 授業形態 講義
開講時期 10月-11月 講義室 L12会議室

科目の概要

担当教員筆頭者名 別所 康全
担当教員 別所康全、田中幹人(早稲田大学)、戸田山和久(名古屋大学)、加納圭(社会対話技術研究所、(兼)滋賀大学)、水町衣里(社会対話技術研究所、(兼)大阪大学) 、小泉周(生理学研究)
教育目的/授業目標 1.科学者・技術者として活躍するために、異分野の専門家と情報を共有し、議論できる能力を養う。2.科学者・技術者として非専門家に科学技術を正しく、わかりやすく伝える能力を身につける。
The aim of this course is following;
1. to cultivate the skill to share information with scientists and engineer in the broad field and discuss it with them, thereby playing crucial roles as a scientist or a engineer.
2. to obtain the skill to provide scientific information to people easy-to understand manner as a scientist or a engineer.
指導方針 3研究科の学生が参加してインタラクティブな授業をおこなう。
Students in 3 Graduate Schpools contribute to make interactive classes.

授業計画

備考 回数 テーマ 内容
1回 対話力トレーニング
Dialogue Skills Training
(加納圭、水町衣里)社会の「対話」に、より重点を置いたトレーニン グをおこなう。科学を社会に説明したり、科学を広めたりするためだけに「対話」が行われるのではなく、社会の中に科学を位置づけるために「対話」が行われ ることがより理想的である。「伝える」スキルだけでなく「きく」スキルにも焦点を当てる。
(Kano) This training program emphasizes on "conversation" in the society. This program was developed based on the thought that it is more ideal to have "conversation" to value science in society rather than to explain or spread science into society. The feature is that we focus on not only the skill "to tell" but also the skill "to listen".
2回 対話力トレーニング
Dialogue Skills Training
(加納圭、水町衣里)
3回 科学コミュニケーション概論
Basics of science-communication
(戸田山和久)科学コミュニケーションの歴史を学び、現在、どうして研究者自身の科学コミュニケーションの重要性が叫ばれているのかについての講義と、いかに分かりやすく科学を伝える・市民と共有するのか、その際に気をつける点やヒントを学ぶワークショップで構成される。
(Todayama) We will give a lecture on a brief history of science communication so that the students grasp the background of the increased need for science communication activities by scientists themselves.  And then we will deliver a small workshop so that the students learn the tips for communicate scientific information effectively.
4回 科学コミュニケーション概論
Basics of science-communication
(戸田山和久)
5回 メディアトレーニング
Media Trainning
(田中幹人)サイエンス・メディア・センターで開発された研究者むけのメディア対応トレーニングプログラムを元にして、研究者が直接新聞記者等メディアの取材を電話等で受けるときのコツや気をつけるべき点について、講義とワークショップを合わせてトレーニングする。
(Tanaka) When your expertise is needed, every scientist has to accomplish public accountability. And in such case, real collaboration with journalists helps you reach the goal. Throughout the lecture and workshop, this course offers you core competencies for talking with media, such as useful tips on responding interview from journalists. This course is based on "Media Training Program for Scientists," that developed by Science Media Centre of Japan.
6回 メディアトレーニング
Media Training
(田中幹人)
7回 まとめ
Review
(小泉周)1-6回の講義で学んだことを横断的に復習し、総合的にかつ俯瞰的に科学コミュニケーションを展望する。
(Koizumi) To get a quick overview of the 1st to 6th lessons transversely, and to take a comprehensive, panoramic view of science communication.
8回 まとめ
Review
(小泉周)

テキスト・参考書

テキスト
参考書 JST科学コミュニケーションセンターHP
http://www.jst.go.jp/csc/research/koizumi/WS/

その他

履修条件 2/3以上の回の出席を条件とする。
Students are required to attend a minimum of 2/3 of classes.
オフィスアワー なし
成績評価の方法と基準 授業への参加度と毎回のミニテストによって評価する。
The grade will be decided baced on the attitude in the class and mini-exam in each class.
関連科目
注意事項 日本語で行われます。
This will be taught in Japanese.